生命保険 基礎知識

生命保険の商品

生命保険の基礎知識

スポンサーリンク

賢い生命保険の選定には、新規の生命保険加入でも見直しに際しても、保険をリスク回避のための金融商品として捉え、一生涯に渡るライフプランとそれに伴う収支、そして、資産運用の一環として生命保険を位置づけることが重要です。

保険は、将来に起こりうるリスクを回避するための投資金融商品の性格も有しています。 生命保険単体での選定や見直しでは、片手落ちと言わざるを得ません。

何故なら、私たちが生活して行く上で必要となるまとまったお金は、住宅ローンや家賃、教育費等が挙げられますが、これらの支出を一生涯の視野で検討しなければ、家計の健全化が図れません。

また、改善を図ったつもりでも場当たり的な偏ったものになる可能性が強いからです。

この点、これまでの私たちの社会では、個人的な家計を他人にアドバイスして貰う土壌が形成されてはきませんでした。

しかし、先述のように、生命保険を一生涯の家計の一環として捉える以上、ファイナンシャル・プランニング技能士といった中立・客観的立場で各保険のメリットやデメリットを説明できるお金の専門家者アドバイスと受けることが、有意義な生命保険選びの主流になろうとしています。

規制緩和で生まれた保険の乗り合い代理店も、多くの生命保険比較のための資料を備え、相談にこられた方に一生涯の家計の観点から、相談者に最も適した生命保険を提案できるよう日々研鑽を続けています。

保険の乗り合い代理店も、保険販売の新しい形態として脚光を浴びてきましたが、現在では、その数も急速に増加し、競合の時代に入っています。

真にお客さんに満足して貰える保険を含めたライフプランの提供が出来ない代理店は淘汰される時代に入ったとも言えるので、競争による質の向上は期待できます。

日本の社会は、世界的に見ても非常に高学歴な社会ですが、保険を含めた金融商品や資産運用の知識や理解に関しては、売り手と買い手の情報格差が著しい社会であったと言えます。

資産運用が声高に叫ばれていますが、例えば銀行や証券会社等の売り手側の金融知識と我々一般人の金融知識には、雲泥の格差があると言えます。

これからは、私たちも資産運用や人生設計の考え方を理解し、また専門家の支援も受けて人生の資産運用をトータルに検討した、本当に満足し納得のいく賢い保険選びをなす事が必要です。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

リデュースの個人輸入

QLOOKアクセス解析