終身保険

生命保険の商品

終身保険について

スポンサーリンク

終身保険は、保障期間の定めのない保険です。

一生涯保障が継続するので、失効しない限り万一の時には保険金が支払われ、通常、解約してもある程度の解約返戻金が有ります。

しかし、基本的に掛け捨ての保険である定期保険に比べ保険料が高く設定されています。

終身保険の加入時に考えておかなければならないのは、50歳過ぎや60歳位のある程度の年齢になれば、子育ても一服してそれなりの貯蓄も出来ているのでなないか、また、それ以上に年齢では、厚生年金等の年金の支給も始まるので、葬式代や遺族に残すお金の額は、それほど高額で無くても済むことではないかということです。

終身保険の場合の貯蓄性は、養老保険と定期保険の中間に位置ます。

何年間か以上の支払いを行った後に当該終身保険解約を行う場合は、解約返戻金があり、この解約返戻金を担保に保険会社からの借り入れを受ける事ができるので、急な出費には好都合です。

しかし、終身保険の場合、いずれは解約返戻金が払い込み保険料を上回るとしても、それは契約から何十年も先の事となリ、貯蓄を主たる目的とする場合で終身保険加入することは合理的方法とは言えません。

終身保険は、死亡時に現金で全額の保険金を一括して受け取れるので、多額の相続税が発生する方には、メリットのある保険です。

因みに、相続の問題は、この他様々な検討課題がありとても複雑なので、保険を単体で検討することなく、専門家の知恵も借り資産管理の一環として体系的に検討してください。

また、終身保険は、残された遺族の為の保険と言ってよく、御自分の老後の生活のために保険を検討されている方には、不向きの保険と言えます。

また、一定の貯蓄性を有することから、その保険料は定期保険に比べ割高なので、単に、保険でリスク回避のみを希望されるなら、保険料の安い定期保険の方が合理的と言えます。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析