定期特約付き

生命保険の商品

定期特約付き終身保険選びのポイントと特徴

スポンサーリンク

定期特約付き終身保険は、わが国で販売されてきた生命保険の内で、最もポピュラーは生命保険商品で、被保険者の死亡時に遺族にその後の生活資金を残す目的の為の保険です。

定期特約付き終身保険加入時の選択ポイントは、現在や将来の生活を考えて、死亡保障金がどれ位必要なのかを計算してみる事です。

「特約付き」との名前のごとく、この保険形態では、特約部分に対する私たちの保険加入の目的やリスク回避の期待度が最も重要な選定判断の要素となります。

万一の時の保障に加えて、少しでも多くの貯蓄を当該保険でなすことをお考えの方は、少々保険料が高くなっても、終身保険部分の割合を多くして加入します。

それとは反対に、貯蓄機能は他の金融商品や定期預金等で考え、万一の時のための保障を少しでも安く買うとお考えなら、定期特約の割合を多くしなければなりません。

定期特約部分は、一般的に掛け捨てで保険料を安くし保障額を大きくするので、この定期特約期間については、末の子供が独立するまでの期間に設定するのが通常です。

また、この保険には、保険料の支払いが終始変わらない全期型とある一定期間過ぎれば保険料が上昇する定期型があります。

更新型は、若い時に加入すれば全期型に比べ保険料が大変安く設定され加入しやすいのですが、更新後の保険料の上昇に驚く方も多く、加入時には更新後の保険料にも注意してください。

定期特約付き終身保険を選ぶにあたっての注意点は、定期保険特約期間が終了すれば、保障は主契約である終身保険のみになるので、加入時の高額の保障は無くなることです。

特約部分は、終身部分を解約しない限り継続できますが、保険料がかなり上がるので、繰り返しになりますが、この保険を選ぶときには、十分注意してください。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析