保険 病気

生命保険の商品

お葬式代、ケガ・病気に備える

スポンサーリンク

お葬式代の心配をしている高齢者の方が多くいますが、お葬式代は盛大にすれば切りがないので、200万円ほどの準備で十分なのではないでしょうか。

保険お葬式代を準備するには、終身保険で準備するの普通です。

また、保険には、ケガや病気のリスク回避のためには加入する目的があります。

いわゆる医療保険です。

この保険は、第一分野の保険である生命保険でもなく、物損リスク回避のための第二分野の保険である損害保険と区別される、第三分野の保険に位置付けられます。

死亡保険やお葬式のための保険とこの医療保険は、それらとまったく異なる性質を持っています。

それは、死亡保険やお葬式のための保険が、本人の死亡リスクを受ける遺族の為の保険であるのに対し、医療保険は、本人のケガや病気の治療やその入院費、またその間の収入保障のために加入する保険であることです。

保険会社のコマーシャルコピーの引用ですが、この保険の特徴は”生きるための保険”であることです。

医療保険は、専業主婦や比較的若い方にもある程度必要な保険ですが、年配の方は特に、年齢が上がれば上がるほど入院や手術の危険は高まり、しかも収入面の向上は一般的にあまり期待できないので、医療費負担の増加を考慮(社会保険等の公的保障も検討要)した医療保険の内容の検討が必要です。

また、この医療保険の中には、保険期間に定めのある定期タイプがあり、更新するごとに保険料が上昇して行くので、本当に必要になった時に保険料が高くなりすぎて解約せざるを得なかった方もいらっしゃいます。

これでは何のための保険か分かりません。

医療保険を見直し・選定する時には、この点をよく注意して、一生保障される医療保険を選ぶのが、医療保険を賢く選ぶ基本となります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析