定期保険の特徴

生命保険の商品

終身保険選びのポイント

スポンサーリンク

定期保険は、一定の保険期間中の死亡や高度障害のみを保障する保険で、解約返戻金が殆どない、いわゆる掛け捨て保険を代表する保険です。

同じ死亡や高度障害を保障する保険に、終身保険や養老保険等もありますが、定期保険は掛け捨て保険なので、保険料がそれらに比較して安く設定されているのが特徴です。

定期期間を過ぎると自動更新も出来ますが、保険料が想定外に上昇することもあるので、加入時に更新以後の保険料も考慮しておく必要があります。

このような特徴を持つ定期保険を選ぶには、保障期間を何年間にするのかや保険金額をどれ位に設定するのかの判断が重要です。

定期保険は、先述の通り掛け捨てなので保険料が安く、できるだけ万一の保障を安く買いたいとお考えの方へは、お勧めの保険です。

また、一生涯の保障を必要としない、ある一定期間のみの保障を必要とする方に最適な種類の生命保険とも言えます。

保険と貯蓄を別の観点から区別して考え、保険は万一のリスク回避の為にあり、貯蓄は貯蓄として、保険と切り離して機能別に分けて考える方は、定期保険の利用を検討すべきです。

比較的低保険料の定期保険で、生活上のリスクを回避し、余剰のお金を他の投資商品に当てて資産運用することも選択肢の1つとなると考えます。

繰り返しますが、生命保険も投資金融商品の1つなので、単体で検討することなく、他の資産運用商品やご家族のライフステージやご自分の資産形成計画の中で、比較検討することが重要です。

また、定期保険は、一定期間で保障が無くなってしまうので、葬式代のねん出や相続税対策のためには合理性を有しない保険です。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析