生命保険料計算

生命保険の商品

生命保険料計算のための3つの基礎率

スポンサーリンク

生命保険の見直しや加入で気になることの1つは、生命保険料のことです。

しかし、生命保険料は、どんなデータや数字を基に計算されるのかを考えたことのある方は、ごく少数なのではないでしょうか。

生命保険料の計算には、1.予定死亡率2.予定利率3.予定事業比率の3つの基礎率が用いられます。

1.の予定死亡率を高く見積もれば(死亡者が増えると予想)、当然支払う保険金の額が多くなるので、死亡保険の場合、支払い保険料は、高くなります。

2.の予定利率とは、保険会社が契約者から受け取った保険料の運用利率のことで、これを高く見積もれば、支払い保険料は逆に安くなります。

3.の予定事業比率とは、保険会社の事業経費であり、高い事業経費がかかれば、それだけ私たちの支払い保険料も増加することになります。

次に、私たちが支払う保険料は、概括して営業保険料と言い、その営業保険料の中身は、純保険料と付加保険料に分類されています。

純保険料とは、予定死亡率と予定利率を算出の基礎とし、付加保険料は、予定事業比率を基に算出されます。

最近業績が向上しているいわゆるネット生保は、従来の生命保険会社のネックである高コスト体質にメスを入れ、予定事業比率の大幅カット(事務所費用や営業経費)を実現して格安の保険料を実現しています。

生命保険に関してよく聞く言葉に、剰余金や配当金というものがあります。

これは、死差益・利差益・費差益を算出して契約者に還元されるお金です。

死差益は、実際の死亡者が予定死亡率より少なかった場合の差益で、利差益は、予定利率より実際の運用益が良かったと時の差益、そして、費差益は、実際の事業費が、予定事業比率見込みより少なかった時に生じる差益です。

生命保険業界では、こうした数字をアクチュアリーという特殊で専門的な技能を持つ方たちが、計算・シミュレーション方法を駆使して、各種保険の保険料や保険額について算定を行っています。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析