個人年金保険

生命保険の商品

個人年金保険の種類とそれらの特徴

スポンサーリンク

かつて貯蓄型保険として人気の高かった個人年金保険と呼ばれる保険には、有期年金保険、確定年金保険、終身年金保険とこれらの複合型があります。

前の2つの保険の共通点は、保険契約で定めた一定期間内において年金として支払いが行われることで、相違点は、有期年金保険は、一定期間内でしかも被保険者が生存している場合に限り年金が支払われる保険です。

また、契約年齢や年金の受取期間、年金額等の条件が同一であれば、確定年金保険より保険料は安く設定されています。

確定年金保険は、決定された受取期間内であれば、被保険者の生死に関係なく年金の支払いがなされます。

また、受取期間内に被保険者が死亡した時は、残存期間分の年金又は当該被保険者の死亡時点における年金原価相当額が、死亡一時金として支払われる特徴を有しています。

終身年金保険は、被保険者が生存する間、一生涯保険金が年金形式で支払われる保険商品です。

しかし、被保険者の死亡で年金の支払いが終了するため、年金支給開始から間のないうちに被保険者が死亡した場合は、年金受取額が、払い込んだ総保険料額を下回る可能性もあります。

このほか、保証期間付き終身年金保険や夫婦年金保険といった個人年金保険もあります。

以上に紹介した個人年金保険の複合型として「保障期間付き終身年金保険」があり、この保険は、その保障期間中は、被保険者の生死に関係なく年金が支払われ、保障期間終了後でも被保険者が生存している限り、一生涯年金が支払われます。

また、保障期間内に被保険者が死亡の場合、保障期間の残存期間部分の年金又は死亡時点の年金相当額が、死亡一時金として支払われる特徴を持ちます。

夫婦年金保険の特徴は、夫婦いずれか一方に死亡によっては年金支払いが終了せず、その後に支払いを受ける年金額も変化しないことです。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析