死亡保障型生命保険

生命保険の商品

死亡保障型生命保険の種類と特徴

スポンサーリンク

生命保険と呼ばれる以上、死亡保障保険が生命保険の中核に位置付けられてきたのは当然ですが、実はこの死亡保障保険には、定期保険、終身保険、定期保険特約付き終身保険の3つの類型があります。

定期保険は、ある一定期間を保障対象とする保険で、

1.逓減定期保険2.逓増定期保険3.収入保証保険に分類されます。

1.は、保険料の額が一定で変化せず、保険金額が期間経過に従って減少する保険商品です。

2.は、その逆で期間の経過に従い一定割合で保険金額が増加する保険商品です。

3.は、保険金が、年金形式で支払われる定期保険で、一時金で支払われる定期保険に比べ、保険料が割安に設定されている事が特徴として挙げられます。

終身保険は、保障期間が一生涯(終身)であり、満期保険金がないのが基本ですが、貯蓄性はあります。

この保険の中には、保険支払い満了時の死亡保険金額の支払いに替えて、年金としての受け取りや介護保障を選択して保険金を受け取ることのできる保険商品も存在します。

3.は、保険契約の基礎となる主契約が終身保険で、定期保険を特約として付けた保険商品です。

この保険には、全期型と更新型の2タイプがあり、全期型は、保険契約の初めから保険契約満了まで、保険料が一定であるという特徴があります。

更新型の定期特約部分は、主契約の保険満了時まで更新可能で、更新時に健康不安の場合でも無審査で保険契約が更新される特徴を持っていますが、更新後の保険料は、更新時の年齢や保険料率で再計算されるので、従来の保険契約内容と同条件で更新する時は、保険料が高くなる難点があります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析