投資性 生命保険

生命保険の商品

投資性ある生命保険について

スポンサーリンク

生命保険は、リスク回避のための金融投資商品と言えますが、その中でもよりその投資性を強調した生命保険商品があります。

例えば、インフレヘッジ機能が期待できる変額保険もその1つです。

変額保険は、支払われた保険料を保険会社が株式や債券を中心に投資して、保険会社の特別勘定で運用し、運用実績に応じて保険金額や解約返戻金が変動する保険です。

変額保険は、終身型と有期型に2つに分類されます。

終身型は、一生涯保障の終身タイプの保険です。この保険では、例え運用実績が悪くても死亡や高度障害の場合は、契約時における保険金額の基本額が保障されます。

しかし、解約返戻金については、最低保証額は保証されません。

有期型は、満期期間のある養老保険タイプの保険です。

保険期間中の死亡に加え、満期まで被保険者が生存の場合は、満期保険金が支払われるという養老保険特有のメリットを備える生命保険です。

また、死亡や高度障害に陥った場合は、契約時の基本保険金の保障はありますが、満期保険金や解約返戻金の最低保証はありません。

運用次第で満期保険金額が、基本保険金額を下回る可能性もあります。

更に、投資性が強調される生命保険の中に、積立利率変動保険と言われるものがあります。

この保険は、市中金利や運用実績で当初の予定利率が一定期間ごとに見直されます。

予定利率の最低保証がはなされ、契約時の保険金額や当初の予定利率を基礎とした解約返戻金の保証もなされる特徴を持ちます。

この分野の保険には、変額年金保険があります。

これは、運用実績で年金額が変動するハイリスク・ハイリターンの保険です。

また、年金受け取りを待たず被保険者死亡の場合は、運用実績を基礎とした死亡給付金の支払いがあり、これには、払い込み保険料相当の最低保証があります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析