生命保険見直し 要因

生命保険の商品

生命保険見直しブームの社会的要因

スポンサーリンク

生命保険を始め保険商品の見直しの重要性が認識され、各メディアやネット上で盛んに取り上げられてきたのは、最近5,6年の動きで、現在もその見直しに関心を持つ消費者が後を絶たない状態です。

生命保険を取り巻く規制の枠が取り外され、各生命保険会社が斬新な新商品を投入できる環境が整ったことや、生命保険会社内部の変化等も保険見直しの機運の高まりに重要な影響を与えたことも事実ですが、これとは別に、日本社会の経済の停滞や社会システムの変化にも生命保険の見直しに目を向かわせた原因があると考えられます。

例えば従来の日本社会では、終身雇用や年功序列制度が有効に機能し、年齢とともに給与が上昇して行きました。

そこで、死亡保険の代表格である、年齢とともに保険料が上昇する「更新型」生命保険を続けても、それほど負担を感じることがなかったのですが、現在では、収入が年齢とともに上昇する保障もなく、ある一定の定期期間の後に大きく保険料が上昇する「更新型」生命保険に大きな負担や疑問を感じている方が非常に増加してきました。

生命保険見直しブームに伴い、生命保険に対する基礎的な知識もかなり増え、保険会社ペースで加入した生命保険商品をもう一度検討し直してみようとする方が増加しています。

また、退職金の支給や公的年金に不安を感じる方は、自分自身で老後の資金を賄うことを真剣に考える傾向も強くなっていきました。

これも生命保険に対して厳しい目が向けられるようになった要因です。

更に1993年3月まで5.5%もあった予定利率も、現在では僅か1.5%程度であり、従来から保障と貯蓄の双方の機能を生命保険に期待していた層の顧客が、生命保険見直しを検討するに至ったのです。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析