生命保険 営業

生命保険の商品

生命保険営業にも疑問が生じていた

スポンサーリンク

生命保険は、各生命保険会社の新商品投入の中で複雑化し、保障額の大きな生命保険が数多く発売されてきました。

ですが、その実体は、掛け捨ての保険が中心を占めるようになり、万一の時のためのリスク回避のために多くのお金が投じられ、かつては生命保険商品の主力を占めていた養老保険等の老後のための資金を保険で残せるような生命保険商品がどんどん減少して行ったのです。

若いうちに生命保険に入っておくと保険料が安いので得だというセールストークによって、若いうちから必要以上の大きな死亡保障額の生命保険に加入した方も多数存在します。

生命保険の成り立ちは、「相互扶助」の精神を基本としているので、万一の事態に遭遇した方にとっては、生命保険の加入価値を実感できるかもしれません。

しかし、一方幸いにも何事もない方にとっては、リスク回避のための保険料の投資額の高さに疑問を感じている方も少なからず存在しています。

5.6年前までは、生命保険と言えば、知り合いの紹介や職場に訪れるいわゆる生保レディに勧めらて加入するのが一般的でした。

この時、私たちは、通常の電化製品や自動車等は他社の製品やその製品の基本スペック等を良く検討し、金額とのバランスを取って購入するのもかかわらず、これらの商品に比べ 長期に渡る保険料支払いがとても大きな保険商品の購入には、とても無頓着であったのではないでしょうか。

生保レディの営業方法は、G(義理)、N(人情),P(プレゼント)といった営業方法が定着していたのも事実です。

また、生命保険商品は、大蔵省やその後の財務省所管の金融商品であり、かつてこれらの 業界は護送船団方式によって商品は横並びになる規制が存在していました。

商品に大差がないのなら、G,N、Pが充実した生保レディが薦める生命保険に加入することも自然な姿だったかもしれませんが、現在は、このような生命保険の営業方法に疑問と感じる方も増えています。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析