保険選び

生命保険の商品

保険選びは冷静な現状分析から

スポンサーリンク

就職したら保険に入る。結婚したから、子供が出来たから保険に入る。

保険の必要性を感じ、保険に加入する動機は様々ですが、先ず保険選びで大事な事は、御自分の生活スタイルやライフステージをご自分でよく検討して、御自分の意思を最大限に尊重する事と言えます。

それには、いろんな周りの意見や状況をひとまづ置き、何もないところから検討する必要があります。

その保険の商品特性が、今ご自身が必要だと考えるリスク等を回避し、加入・見直しをすることで満足いくかどうかを検討する事が重要です。

この方法は、保険に新たに加入するときにも大事な検討方法です。

ただ保険料が高い理由だけで解約しなくても、保障額を減らし不要と思われる特約を除外する方法もあります。

今あなたに最適な保障の保険は如何なるものかを具体的に考えてください。

一般的に保険加入の目的は、遺族の為の生活費、お葬式代、病気やけがのための治療費や入院費の保障にあると言ってよいと思います。

これらの一般的な3つの保険加入の目的をご自分の年齢や生活実態に鑑みて、その保険に加入する事が本当に必要な事なのか。必要であってもリスク回避のために支払う保険料は、適正な投資額であるのか等を原点に戻って検討してください。

ご自身がまだお若いのであれば、葬式の費用などは考えることも無いとは思いますが、子供がいる方でも、万一後の生活資金をずっと生命保険に頼るような高額の保障が必要か否かも検討の対象です。

各家庭それぞれの経済的事情もあるので、一概には言えませんが、残されたパートナーの方に十分な収入があるなら、当座の資金を生命保険で保障するに留めることも出来るのではないでしょうか。

また、独身の方では、特殊な事情のない限り死亡保障を高額にする必要性は低いと思います。

このように、生命保険を賢く選ぶ為には、賢いライフスタイルの検討と冷静な分析を基礎として可能となります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析