誰でも入れる保険

生命保険の商品

「誰でも入れる」保険に注意

スポンサーリンク

「持病があっても入れます」「誰でも○歳から○歳なら入れます」といったキャッチフレーズで盛んに宣伝されている保険があります。

本来保険は相互扶助の精神から成り立っているので、このような持病をお持ちの方や年齢的に加入できなかった方にこそ、保険本来の理念が活かせる保険としてこのような保険は、歓迎すべき保険であるとも言えます。

しかし、これらの保険は、どういった場合にどのような保障があるのかといった保険内容を詳細に把握・検討する必要があります。

何故なら、これらの保険は、保険会社によっても、また、個々の保険商品の内容でも、様々な保険金支払い条件規定が定めれれているからです。

また、これらの保険は、更新型の保険が多く、5年ごとに保険料が高くなる事があるので注意してください。

保険も商品ですから、その保険のメリットを大きく強調してパンフレットに記載するのは当然ですが、保険は金融商品とは言いながら、私たちと保険会社による契約によって成立し、それも一回限りの売買関係ではなく、契約は長期間継続します。

そこで、私たちがこれらの保険を賢く選定するためには、保険の利点を謳う大きなパンフレットの文字に踊らされるのではなく、細かな字で記載された”給付金支払い対象とならない場合”やその例外となる”但し書き”の記載事項をよく読み理解しなければなりません。

給付されない場合と思いこみ請求可能な給付金の請求をしないとか、給付されると思っていたが、よくパンフレットを読んでみると給付されない場合に該当していたといったケースが頻発しています。

最近保険会社の商品開発競争も激化しているので、次々に魅力的な商品も販売されているのも事実なので、これらの情報を収集・蓄積する事務所や専門家に意見を聞いてみるのも保険選びの賢い手段かもしれません。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析