公的保障

生命保険の商品

万一の時をカバーする公的保障もチェック

スポンサーリンク

万一の死亡の時にどれ位の保障額が必要であるかは、家族状況やライフスタイル等でそれぞれ事なりますが、これを生命保険にどれ位依存するかの判断の前提として欠かせないのが、公的保障のチェックです。

この公的年金支給額や利用方法を理解すれば、無駄な生命保険のチェックが可能です。

夫に万一の事があったら、遺された妻や子には、夫が加入していた公的年金から遺族年金が支給されます。

公的年金には、老齢年金、遺族年金、障害年金の3つの役割リがありますが、このうち生命保険の保障額の必要額を算出するための年金が遺族年金なのです。

遺族年金は、家計を支える方が無くなった特に支給される公的年金であリ、その年金額は、加入していた年金の種類や子供の有無や数、年齢等で変化します。

夫が会社員や公務員の場合は、厚生年金や共済年金と同時に国民年金からも年金が支給されるので、これらの方は、自営業者に比べて厚く保護されていると言えます。

自営業の方の遺族年金は、会社員や公務員の方々に比べ非常に支給額が少ないので、生命保険に依存する保障額が高くなると考えられます。

公的年金の支給額は、社会保険労務士等の専門分野で、詳しい確定的な数字は提示できませんが、生命保険の保障額を算定する基本的な数式は、

(妻子が当面生活できる生活費-妻の収入[公的年金支給額を含む])×12月×保障が必要と思われる年数(例えば、末子大学卒業まで等)+子供の学資等の比較的大きな出費-貯蓄額で表すことができます。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析