保険金額

生命保険の商品

リスク・目的別に保険金の額を検討する

スポンサーリンク

どのような保険を選ぶかを決定するためには、保険に入る目的を固める必要があります。

これが決定されれば、後はその保険によるリスク回避にはどれだけのお金があればよいか(保険料や保障額)や、いつまで必要(年齢や期間)なのかを検討して保険を選んでいくとよいでしょう。

例えば、生命保険の最もポピュラーな商品である死亡保険では、万一の後の遺族の生活費がどれ位かかるのかをベースに検討します。

この検討に際しても、保険金でどの位の期間や目的を保険金に依存するのかを考えながら、これまでの家計簿やお子さんの成長等を表すライフステージ表を作成して、長期的視野に立った検討が重要です。

因みに、一家大黒柱に万一の事があった後の遺族の生活費は、それまでに比べ約70%が一般的算定基準です。

また、住宅ローン返済中の方で万一の場合が起きた場合の住宅費に関しては、住宅ローンの借入の際に殆どの方が団体信用保険に加入しているので、その後のローン支払いは免除されます。

住宅ローンを利用されている方の住宅費の考慮は、その分を指し引いて計算すればよい事になります。

ただ、マンションであれば共益費や修繕積立金等は発生し続け、大規模修繕の負担にも資金を準備してください。

また、一戸建て住宅でも修繕費の積み立ては必要です。

更にお子さんの教育費にいくらかかるかは、お子さん本人の考えや親の教育プランにもよりますが、大学入学時の資金としては、親元から離れて大学に入学する場合で、私立大学の場合では、約500万円の金額が必要と言われています。

教育費は、他の生活費に比べお子さんの成長と共に割と計画の立てやすい資金計画と言えるので、この計画をライフステージ計画の中核として検討されてもよいと思います。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析