的確な保険料

生命保険の商品

的確な保険料の検討方法とは

スポンサーリンク

「保険に入る」「保険の契約をする」といった表現はよく聞きますが、生命保険商品も金融投資商品なので、「生命保険に投資する」や商品として内容を吟味し、「保険を買う」といった表現が1番適切なのかもしれません。

保険商品の購入に際して重要なのは、生命保険会社が提供する保障内容と実際の保険料のバランスが適切あるかと言うことです。

以前の生命保険会社は、行政指導によって規制されていたため、保険料設定や内容等で個性的な生命保険商品を売ることができませんでした。

しかし、規制緩和等の影響で生命保険料の格差は、大きく広がっています。

経営努力や事業比率の削減を行い、劇的に保険料の値下げを行う保険会社も現れています。

保険商品は、主契約と特約から成り立っていますが、先ず保険料の検討にあたっては、主契約の保険金額が適切かどうかを検討します。

例えば、死亡保険金の額です。

これが適切であれば、次に特約部分を検討します。

例えば、最近多くの方の関心を集める入院保険やがん保険等の特約部分の検討を行います。

生命保険をピザに例えると、主契約の生地上にサラミやチーズ等の特約というトッピングがなされているようなものです。

保険商品を見直す時や保険商品を買う際には、主契約という名の生地の上にどんなトッピングをしたら自分や家族のために一番有益で目的にかなった適切な保険となるのかをよく吟味してください。

ただ、保険商品の場合は、このトッピングの料金がう契約を大きく超える多額の保険料がかかってる事も考慮してください。

ここに大きな無駄が潜む可能性が高いのです。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析