無配当保険

生命保険の商品

配当・無配当保険の違いが保険料の多寡を生む

スポンサーリンク

生命保険料の算定は、予定死亡率、予定利率、予定事業比率の3つを基礎としてなされますが、保険料決定には、もうひとつの重要な要素として配当保険か無配当保険かの要素がかかわっています。

配当保険は、営業保険料(純保険料=純粋に生命保険金支払いに回される保険料+付加保険料(生命保険会社の従業員の給与や営業経費といった、事業経費のために使用される保険料の合計)を高めに設定し生命保険会社の経営を安定させることで、その結果得られた余剰金を配当金として保険商品購入者に還元する保険商品のことです。

これに対する無配当保険は、上記保険料決定の3要素を厳格に算定して収支を切り詰め、営業保険料を抑えることで、配当がない、若しくは、ほとんどない保険商品の事です。

これが本来の生命保険の形とも言えます。

無配当保険でも配当保険でも、加入者の実質保険料負担は基本的には同一ですが、昨今の不況や保険会社間の規制撤廃による競争激化で、営業保険料が安くなる低保険料低配当保険が主流となっています。

因みに諸外国の生命保険を観ると、営業保険料が1番安くなる無配当保険が主流です。

有配当生命保険は、毎年の決算で、当初予測した予定危険差益や予定利差益、予定費差益(保険会社の費用と利益の差益)を考慮して保険契約者に配分する保険商品と利差益のみを保険契約者に配当する生命保険商品があります。

しかし、いわゆるバブル景気崩壊後は、逆ザヤ現象が起こり、この配当金は殆どなく 無配状態が続いています。

なお、有配当生命保険の配当金の受け取りには、配当金を積み立てておく方法や配当金と保険料を相殺する方法、更に現金支払いを受ける方法等があります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析