生命保険の誤解

生命保険の商品

生命保険の誤解について

スポンサーリンク

生命保険は万一の時に多額の保険金を受け取ることのできる相互扶助を理念とする人間の知恵の産物と言え、保険金が高ければそれだけその後の生活に対する不安を解消できます。

しかし、多額の保険金には、それに対応する高い保険料を負担しなければなりません。

生命保険も金融”商品”なので、商品は自分にや家族に必要な分だけ家計をやりくりして買うのが普通でしょう。

スーパーのチラシを見て、1円でも安い商品を見つけて購入する方たちが、生命保険に関しては、案外無頓着に無用と思われる多額の保険額の生命保険に加入している例が、かなり見受けられます。

損害保険の場合は、損害の対象者や対象物に対する額を経済的損失に照らして賠償することが基本なので、時には非常に多額の賠償額が必要となることも考えられますが、生命保険の場合は、万一の時に家族の生活が困らないようにリスクを保険で回避するものです。

他者に対する損害賠償ではないので、究極的には、家族が万一の事があっても、経済的に当分困らない程度の保険金額の備えがあれば、生命保険の本来の機能は果たして言えるのではないでしょうか。

貯蓄型の生命保険も多く販売されていますが、生命保険の保険料は、基本的に掛け捨てになります。

掛け捨てでないものでも、その多くは私たちが支払う保険料に組み込まれています。

生命保険は、保険金額が高いほどよいといった物ではありません。

万一の時のことが起こった以後経済的精神的に立ち直るためには、どの程度のお金が必要かをよく検討することが、賢明な生命保険の加入や見直しには重要な検討事項となります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析