生命保険 検討

生命保険の商品

生命保険の一般的な検討方法

スポンサーリンク

私たちにどんな生命保険が必要なのかは千差万別で、それぞれの家庭や個人、様々なライフステージ、職業等で必要とされる生命保険商品は異なるものです。

しかし、生命保険契約者の中で最も一般的な会社員の生命保険検討の基準は存在します。

ここでは、これらの方々の通常の保険設計のあり方について検討します。

まず、若年シングル層の生命保険ですが、この方々場合は、特別に親や兄弟等の扶養義務がない限り、高額の死亡保障生命保険は、不要と考えられます。

もし、このような保険に加入する場合は、主契約に医療保険特約のついたものにするのが賢明であると言えます。

しかし、結婚し家族が形成される段階では、子供がまだ小さく、末子が生まれる頃が一番死亡保障額の必要性が高い時期と言えます。

その後この保障額は減少すると考えられますが、一般的に言って子供の教育費や住宅ローン返済も重なる時期であるため、比較的少額の保険料で大きな死亡保障が得られる定期付き終身保険や収入保障保険等の検討をするとよいと思われます。

ただ、住宅ローン融資をお受けになった方はご存じと思いますが、住宅ローン融資には、団体信用保険加入が義務付けられていることがほとんどであり、もし万一の事があれば残りの住宅ローン債務は団信により完済されるので、住宅ローン借入前に契約していた死亡保険の見直しを行い、無駄な保険料を支払わなくて済むようにしてください。

家族員それぞれが成熟し1人立ちした時は、必要となる死亡保障額は減少します。

この段階では、年齢とともに増大する健康への不安の解消が重要と言え、生活習慣病やがん等の成人病対策のための保険を検討する価値もあります。

保険商品もまた、年齢によって必要となる内容が変化して行きますので、死亡保険だけではなく、生活して行く上の時宜に応じたリスクを考えた頼りになる保険への検討や見直しが必要となります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析