保険

生命保険の商品

生命保険見直しの意味の誤解

スポンサーリンク

生命保険会社の外務員の方から、保険の見直しを勧められることがよくあります。

定期的に顧客を訪問して、新しい生命保険商品の紹介や加入済みの生命保険について見直しの様々な方法を提示してくれます。

しかし、ここで注意しなければならないのは、生命保険会社の外務員の方が提示する保険の見直しとは、生命保険会社のメリットとなる見直しが多いということです。

普通見直しと言えば、保険内容が改善するものと思いがちですが、「改悪」につながるケースも残念ながら多く、見直しを客観的に判断すると「損」している場合があります。

その理由は、生命保険会社の勧める「保険の見直し」には、「転換」が多いからです。

「転換」とは、現在加入している保険を同じ保険会社の新しい保険商品変更することで、転換前の保険を解約して得た解約返戻金を新規に加入する保険料の一部として払い込み、別の保険に入り直すことを言います。

この方法は、自動車の中古買取リ制度をイメージすると分かりやすいと思います。

このような生命保険の「転換」のメリットは、安い保険料で大型の保障を手に入れる事ができ、最新の手厚い保障内容を手に入れることが出来ることですが、そもそも生命保険の保障は、大型になればなるほど良いといったものではありません。

更新後の保障額をみると家計の生活状況やライフスタイルから見て、必要以上の保障に「転換」している事が多く見受けられます。

保険の見直しを検討する場合は、何よりも自分が保険に加入する目的を明確にして、そのリスクを回避するためにはどれ位の保障が必要なのか考えることです。

「転換」を繰り返し、多額の保険金額になっている方が見受けられますので、生命保険の基本的知識を習得して、客観的に生命保険商品を吟味する能力を身に付ける事が、得する生命保険の見直しには重要です。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析