生命保険 ニーズ

生命保険の商品

生命保険に対するニーズは時と共に変化する

スポンサーリンク

生命保険は、万一の時に経済的や精神的に安心して生活を続けていく為に必要な保障を得るために備えておくものですが、この「万一の時」の保障ニーズは、変化する人生のライフステージにおいていつも同一の物ではあるとは限りまりません。

家族も自分も成長しますし、その構成も変化して行きます。また、それに伴いお金の必要額も時とともに変化して行きます。

例えば、独身時代には必要とされなかった死亡保障が、結婚や子供の誕生で必要となることがあります。

子供が誕生したら、パートーの一方が子供の世話のために働けなくなることもあるので、そんな場合に1人で家計を支える責任のためにも保険がリスク回避のための有力な手段となります。

このように生命保険は、その必要性やその保証額についてライフステージやライフスタイルの変化、また、大きく言うと人生に対する考え方の変化で必要とする内容が変化する商品と言えます。

そこで、生命保険はこのような変化に応じて常に見直さなければならない商品であると言えます。

一度加入すればそれ以後保険内容について更新時以外には検討しない方が大変多いのですが、常に見直しを考えないでいると、時と共に加入している生命保険が、自分や家族に真に適した生命保険になっていことが多く見受けられます。

家族が増えた、住宅を購入した、子供が就職したことなど人生には節目となるイベントが訪れます。

このライフステージの変化によって、必要とされる生命保険の保障額も必ずと言ってよいほど変化しています。

生命保険の加入や見直しの際には、ざっくりとしたものでよいのでライフイベント表を作成するとよいと思います。

これを作成することは、単なる生命保険の見直しに留まらず、資産管理運用といった一歩進んだお金の計画が出来るようになる利点もあります。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析