ぴったりの生命保険

生命保険の商品

自分にぴったりの生命保険を選ぶには

スポンサーリンク

生命保険の設計は、は、自分の年齢や家族構成、人生や生活に対する考え方等の様々な要素を噛み合わさなければ、本当に必要で満足な設計提示はできません。

職場や家庭に生命保険の外務員の方が営業にやって来て、簡単な家族構成とご自身の年齢等の簡単なデータで作成した生命保険設計書を提示され、あまり検討しないで生命保険に加入した方も多いと思います。

生命保険の外務員になるには、生命保険業界が定めた講習を受け、その上で外務員資格試験に合格する必要があり、誰でもなれるわけではないので、それなりに保険の知識やコンプライアンス意識を持っています。

しかし、このような保険外務員の方すべてが、必要かつ十分な生命保険の知識と理解を持っているかと言えば疑問もあります。

また、外務員の方たちも生命保険という商品を売って生活しているので、少しは割のいい収入に寄与する商品を売りたいのは当然のことと言えます。

ごく少数ですが、保険に対する知識が豊富な事を利用して、加入対象者に無駄な保険を勧めることさえ現実には考えられます。

外務員の方たちは、一般的傾向や各生命保険の設計書のひな型、それに加えこれまでの自分の生命保険営業経験に基づいて生命保険設計書を作成していまが、これはあくで一般的・標準的な設計書です。

また、保険会社が重点的に販売する物もありますし、よく売れる商品でも個人的事情で適するか適さないかは変化します。

生命保険に加入する際には、保険料や保障額だけでなく、設計書に記載された保障内容や特約が自分や家族の生活実態や将来に照らして本当に必要なのかを検討すべきです。

これをなすには、生命保険がどんな商品なのか知ることや生命保険加入や見直しの目的を持つことが重要です。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析