特約付き生命保険

生命保険の商品

不必要な特約付き生命保険に加入していませんか

スポンサーリンク

生命保険が複雑で分かりにくくなっている原因の1つに、生命保険には死亡保険をはじめとして、様々な病気やケガ、老後に対処する保険や介護等に備えるものまで、生活人生のリスクを総合的・総花的にカバーして1つの保険商品として販売していることが挙げられます。

保障を付ければ付けるほど発生の可能性があるリスクを回避することはできるかも知れませんが、加入している保険がどのような場合に、どれ位の保険金や給付金が支払われるのか確実に把握しているでしょうか。

保険金額については知っている方も、支給されるケガや病気の具体的症状や内容について確実に知っている多々は案外少数です。

また、保険金や給付金がどんな場合に請求可能なのかも十分知っておく必要があります。

また、このような主契約に付随する「特約」は、生命保険に加入する前に提示される「保険設計書」に記入されています。

その特約の保険料をみて、毎月僅かな金額なので、この程度済むなら付けておいてもよいかと考えて、たくさんの「特約」を付けた方が大変大勢います。

1つの「特約」保険料は数100円でも、何種類かの「特約」を付ければすぐに毎月数1000円の保険料増加になります。

これを年間や保険加入年数の観点からみれば、何十万、何百万円の無駄になる保険料を支払うことになるかも知れません。

保険加入・見直しの基本は、なくてはならないと思う保障をそのリスクに対して、どれ位の保険料なら買っても良いかと判断を下すことです。

あればうれしいが、あれもこれもだと将来のリスク回避が本来の目的の保険のために、現在に生活が苦しくなるという、本末転倒状態に陥ってしまいます。

スポンサーリンク

PageTop

サイトトップ

見直しについて

金融投資商品について

誤解を解消

保障について

選び方

賢い相談方法

お問い合わせ




生命保険の基礎知識 - 見直しを考える - 金融投資商品としての性質 - 保険料の考え方 - 死亡保険 - 選び方のポイント - 誰に相談するべきか

お問い合わせ

QLOOKアクセス解析